アンチエイジング治療を受けよう|顔のたるみやほうれい線を解消

医者

口元のシワの改善方法

顔を触る人

若返り効果がある美容整形

いつのまにか口の周りに出来ているのが、ほうれい線のシワやたるみです。ほうれい線が出来てしまうのは、加齢による肌の乾燥やコラーゲン不足、筋肉の衰えなどが原因です。口の周りにできるシワはとても目立つので、見た目が老けて見られる原因になります。そんなやっかいなほうれい線をなくしてたるみをリフトアップできるのが、美容外科クリニックの若返り系の美容整形です。お手軽なほうれい線改善のプチ美容整形が、ヒアルロン酸を注入する注入法です。ヒアルロン酸注入は、様々な美容外科クリニックで導入されている、人気のほうれい線改善方法です。皮下に注射器を使ってヒアルロン酸を注入することで、しぼんだ肌にハリや弾力を出し、たるみをリフトアップすることができます。ヒアルロン酸は水分ベースで出来た、粘度と弾力のあるプルプルの補填剤です。皮下に注入すると、本物の肌と同じような柔らかくすべすべの仕上がりになります。ヒアルロン酸は、時間が経過すると自然に分解されていく補填剤です。いつまでも体内に残ることがないので、後遺症などのリスクがなく安全です。ほうれい線に注入すると、その場ですぐに効果が発揮されます。そして、1年くらいかけてゆっくりと分解されて無くなっていきます。ダウンタイムがないので周りの人に気づかれることはなく、自然にほうれい線がなくなるのが人気の理由の一つです。周りに気づかれない、こっそり出来るほうれい線の改善方法は他にもあります。自分自身の持つコラーゲンを増やし、自然に肌にハリを出してシワをなくすサーマクールCPTもその一つです。サーマクールCPTは照射系の切らないリフトアップ法です。ほうれい線をなくしたい場合は、両頬のあたりを中心に高周波RF(ラジオ波)を照射します。高周波RFは真皮層にアプローチして、加齢で減少したコラーゲンの活性化を促す働きをします。コラーゲンの生成が活発になれば、自然にみずみずしく潤いのある肌になり、たるみが目立たなくなります。ヒアルロン酸注入の場合はすぐに効果がありますが、サーマクールCPTの場合はゆっくりと効果が出てきます。真皮層内部のコラーゲンが増えるまで、多少時間がかかるためです。個人差は多少ありますが、早いと1か月くらいで肌がもちもちになり、潤いがでてきたのを実感できるようです。サーマクールCPTの若返り効果は約6か月持続します。ヒアルロン酸やサーマクールCPTでは手に負えないシワやほうれい線を消したい場合、最終手段となる美容整形がフェイスリフトです。フェイスリフトはたるみを切開する美容整形です。プチ整形ではないので、ダウンタイムがあります。しかし、ダウンタイムが治るとマイナス10歳若返った顔立ちになります。そしてその効果は半永久的に続きます。顔全体のたるみをリフトアップするフルフェイスリフトや、こめかみのたるみをリフトアップするミニリフトなど、全体や部分ごとなど若返りしたい部分を選んで手術ができるのがポイントです。フェイスリフトはまだ30代の若い人には向きませんが、50代以降のたるみが深刻な人に向いています。